名古屋の医学部個別指導塾・予備校

St.メプレスは、医学部・名門難関大学を目指す高校生・高卒生・中高一貫校の中学生を対象とした名古屋の学習塾・予備校です。St.メプレス FOR MEDICAL & PRESTIGIOIUS UNIVERSITIES In Collaboration with MEIDAI SKY

 

斉藤よしたか先生HP

最新ニュース

セント・メプレスの夏季強化合宿には、東京都から、長野県から、沖縄県から受験生が続々参戦。
熱い4泊5日を戦いました!

年強化合宿(12月29日ー1月1日)受付中

★塾生個人専用自習室はただいま満席です。
AO入試や推薦入試が終りますと空きが生じますので、ご希望の方は急ぎご予約下さい。ご予約順にご案内致します。
(お問合せ:052-733-3234 受付時間帯:月曜日~金曜日/午前9時~午後6時 担当:相津)

医学部や難関大学に現役合格するには、
高3の四月時点で、平均的な浪人生と同じメニューで学習できるだけの基礎学力を身に付けておくことが必要です。
特に英語や数学は付け焼刃が効きません。高2以下の方の早めの対策をお奨めします。


学長:プリティ中野からのひとこと

なりふり構わずやれ、という。
脇目もふらずやれ、という。
人が変わったようにやれ、という。

こういった表現の起源はもちろん命令形ではない。
なりふり構わずやっている人が実際にいたのだ。
脇目もふらずやっている人が実際にいたのだ。
人が変わったようにやっている人が実際にいたのだ。

それもたくさんいたので
やがてこうした表現が市民権を得たのだ。
それは、他人がそんな風に頑張っている様子を見て
すごいなーと思った人がとても数多くいたということでもある。

さて、君がもし他人から
冒頭のような命令形で言われたらどう思うだろうか?

It’s none of your business. と思うか

Ok, I’ll try. と思うか

それは人によってまちまちだとは思うが
ここで言いたいことは
なりふり構わずやれ、と言われて
そんなこと今の自分にできるものではない、
そう思う必要はないということだ。

確かに、なりふり構わずやっているのは現象だから
その本質である「他のことを気にしていられないほど集中している」自分がいなければ
そんな現象が生じるわけがない、と思うのも至極当然かもしれないが

不思議なもので現象を装ううちに本質が伴ってくることもあるのだ。
仏教者はこれを色即是空、空即是色というのかもしれない。

やる気がない時でもやる気があるように振る舞っていると
そのうちほんとにやる気が出てくるものなのだ。

ホント?そう君が思うなら実験してみるとよい。

やればわかるさ!

プリティ中野記

 

合格体験記はこちらからご覧いただけます

 

 

名古屋で個別の医学部予備校をお探しならセントメプレスへ

 

詳細はこちらからご覧ください

 

さとこの日記

最新の記事

さとこの日記(9月)

2016年 9月 29日

2016年9月19日

 

センター試験の出願が9月27日から始まりました。

いよいよ・・・ですね。

「問題に向かった瞬間に、頭が真っ白になってしまい、その後のことはあまり覚えていない」

「1問目の解法が思いつかなくて、ものすごく慌ててしまい、計算ミスを連発してしまった。」
・・・・といった声はよく耳にしますが、こういった失敗の原因は、普段の学習にこそあります。

 

“ミス0(ゼロ)”の実現は、かなり難しいことですが、ミスを減らすことはできます。

先ずは授業・過去問演習を通して、自分の「ミスの傾向」と「ミスするときの状態」を把握しましょう。

そのうえでミスの原因を分析し、対策を策定・実行・・・・

このサイクルを繰り返すことが冷静な判断力を高め、本番での得点に繋がっていきます。

 

さらに、秋以降は入試本番を強くイメージし、本番で発生し得る課題を抽出し、自分なりにその抽出した課題の対処をしていくことも繰り返していただきたいと思います。

さぁ、センター試験まであと3ヶ月と少し!

一緒に頑張りましょう(´∀`*)

 

 

 

 

2016年9月16日

 

河合塾第2回マーク模試の結果が返却されました。

模試結果表には個人の総合成績や科目別成績をはじめ、志望大学への合格可能性評価などの分析結果が掲載されています。

また、受験科目ごとに、弱点を克服するための指針となる“学習のためのアドバイス”も掲載されています。

セントメプレスではこの模試結果を各教科の担当講師が、今後の指導を進める上での参考資料として閲覧します。

 

これにより志望校への対策の立て直しを行い、さらには補講を行う生徒さんも・・・

入試本番まであと少しです。

 

模試結果に一喜一憂せず、間違えた問題は、理解できるまで講師に質問するなど、せっかく受けた模試を十分に活用しましょう。

 

 

 

 

2016年9月10日

 

本日は関西医科大学入試説明会でした。
入試担当の方にセントメプレスへお越しいただき、当校の保護者様、生徒様を対象に行いました。

現時点では志望校が確定していない生徒さんがほとんどです。

その学校の偏差値・難易度や受験科目を踏まえ、入学後の大学のカリキュラムの内容、学習環境・施設や設備の充実度、所在地、学費・・・さらに入試日程。

これらを総合的にみて、各生徒さんにとってベストの大学を選択してほしいと思い、開催しています。

 

次回は北里大学医学部の入試説明会です。

こうしたイベントを通して、毎日勉強尽くしの生徒さんのモチベーションを上げていきたいと考えています。

このページの先頭へ