名古屋の医学部予備校・医歯薬&難関大専門塾|St.Mepres

St.メプレスは、医学部・名門難関大学を目指す高校生・高卒生・中高一貫校の中学生を対象とした名古屋の学習塾・予備校です。St.メプレス FOR MEDICAL & PRESTIGIOIUS UNIVERSITIES In Collaboration with MEIDAI SKY

弱点徹底克服
2017年合宿のご案内

2017夏季合宿パンフット ページ12017夏季合宿パンフット ページ2
こちらからPDFをダウンロードできます。

 

元大学受験ラジオ講座講師中野学長とその人脈による一流講師の個別指導を受講できます。(総定員30名/中学1年生~再受験生)

卒生は全国から受け入れています。快適なボーディング・ハウス(食事付寮)をご利用ください。

TOEIC/TOEFL/英検対策等の大学準備フォローアップ講座を合格者のために用意しています。

入塾の可否をその時点における学力で判断することはありません。生徒・保護者そして私たちが受験の方向性について意思統一できるかどうかに重きを置いております。

御紹介による入塾者が過半数を占めますので、宣伝広告費を抑えております。そのため一般的な医系予備校と比較して個別指導の受講料は低く設定しております。

さまざまな合格の喜びを、受験生、そして保護者の皆様と分かち合いながら、お陰様で4周年を迎えました。

愛知医科大学医学部 愛知医科大学看護学部 愛知学院大学歯学部 愛知学院大学薬学部 青山学院大学経済学部 青山学院大学総合文化政策学部 青山学院大学法学部 岩手医科大学医学部 金沢医科大学医学部 川崎医科大学医学部 岐阜聖徳学園大学教育学部 金城学院大学薬学部 埼玉医科大学医学部 滋賀大学経済学部(社会人)聖マリアンナ医科大学医学部 中央大学法学部 帝京大学医学部 東京女子医科大学医学部 同志社大学理工学部 東北大学工学部 名古屋大学工学部 名古屋外国語大学 南山大学人文学部 南山大学外国語学部 南山大学経営学部 兵庫医科大学医学部 福島県立医科大学医学部 藤田保健衛生大学医学部 防衛医科大学校医学科※ 法政大学法学部 法政大学経営学部 明治大学政治経済学部 名城大学薬学部 立命館大学工学部 早稲田大学法学部
※防衛医科のみ一次合格(二次受験せず)

※その他は合格体験記をご覧ください。

あの有名講師、実力講師がここにいる!

セントメプレスが誇る講師陣

岡本先生
小林先生
中野学長

斉藤よしたか先生HP

最新ニュース

★塾生個人専用自習室(個別指導週2時限以上の塾生に限定)はご予約順にご案内しますのでご希望の方は急ぎご連絡ください。体験受講も併せて受け付けております。
(お問合せ:052-733-3234 受付時間帯:月曜日~金曜日/午前9時~午後6時 担当:相津)

医学部や難関大学に現役合格するには、高3の四月時点で、本格的な受験勉強に取り組めるだけの基礎学力を身に付けておくことが望まれます。特に英語と数学については早めの対策をお奨めします。
セント・メプレスには生徒の数だけクラスがあります。一人ひとりのための専用カリキュラムをつくり授業を進めてまいります。

プリティ中野からのひとこと合格体験記はこちらからお知らせ

 

さとこの日記

最新の記事

「1Q84」読了しました。~安達雄大の受験雑考その十七

2017年 5月 18日

「1Q84」、読了しました。

んがぁー…すごいなー…。

 

まだ読んでいない、これから読むであろう人の可能性を考え、

読み方の方向性も、捉え方の可能性も、提示する気はありません。

ただ、ひとつだけいうと、

「結婚」ということについて、何かを抱えている人には、読んでほしいなぁ…。

既婚者であっても、未婚者であっても、それは問題じゃないし、

結婚に後ろ向きな人であっても、前向きな人であっても、同様。

とにかく、「結婚」ということについて何かを考えている人には…。

ま、これはもちろんベタなテーマ理解の一つにすぎないけれど。

 

 

さしあたり思ったのは、

これを、今まで僕が遠慮してきた「純文学」だと言っていいのなら、

「純文学」ってのは、今まで僕が見てきたものとは違うなー…っていうこと。

「伏線」とか「オチ」とかいったことの意味や役割が、決定的に違う。

まず、「オチ」がある、これは大原則。

そして、その「オチ」までに「伏線」がばらまかれていなければならず、

そのばらまかれた「伏線」は、

「オチ」までに全て読者に納得いくように「回収」されていなければならない。

そういう、物語を理性的に可視的なものにする、

しかし悪く言えば暑苦しいルールが、

「1Q84」には、なかった。

 

例えば、話の全体を通じて、

いろんな「人」や「集団」が入れ代わり立ち代わり出てきて、

いろんな「兆候」を示していく。

でも、その数々の兆候は、

ついぞ読者に理性的に掌握できるほどには説明されずに終わる。

ポイントなのは、

そのどれが「味方」で、どれが「邪魔」「敵方」であったか、

それさえ、分からないこと。

分からないというか、決められていないこと。

 

「教団」は「邪魔」、「敵方」の方なのか?

天吾の父が天吾に語ったことは、「道しるべ」…「味方」の方なのか?

分からない。

一つ確かなのは、「味方」「敵方」という属性が一切ないままに、

全ての登場者が接点を持って、絡み合って、影響しあって、

最終的に、物語の主題である課題の成就に、役割を持っている。

 

そういうわけで、

書かれている事柄自体で読者を納得させているのではなく、

書かれているものから滲む感覚的な雰囲気に読者を参与させている、

…という感じが、ずっとあった。

だから、こういう「味方」「敵方」の不明性をもって、

「1Q84は伏線未回収なところが欠点だ」と評するような人は、

多分いないんだろうなぁ。

 

難しいことを言っているなぁ…。

これで合ってるのかなぁ…。

 

 

もうひとつ感じた違いは、

「純文学」どうこうではなく、村上春樹固有のものかも。

すなわち、物語の展開にコアに絡んでくる物事を読者に提示するタイミングが、

すごく巧妙な気がした。

普通なら、

今後の展開を暗示する情報を示す場合とか、

今までになかった新情報で今までの情報に新しい「顔」を与える場合とかって、

その情報は、もっと「ドヤ顔」してるもんなんじゃない?

それこそ、章や節の変わり目とか。

でも、ふとした段落の2~3行目とか、ふとした風景描写の一部とか、

およそ「予測の地平」にないタイミングで、

コアな情報がさりげなく織り込まれている。

だから、その文言を目にして、2~3秒経ってから、

「…んが?! そっか!」(幼稚な表現だ…。)

っていうことがしばしばあった。

これは、気のせいだろうか…?

 

 

…と、気がついたら、

「文学開始宣言」をしてから読んできたもののなかで、

初めて、「感想」を書いていた。

でも、これは僕の成熟度のゆえではなく、

村上先生の創った世界のすごさの故なんだろうなー。

でも、そう言ってしまうと、

これに先立って読んだ又吉直樹や遠藤周作が、

「感想」を書かしむる力を持っていなかった…みたいになっちゃうから、

それも違うなぁ。

うーむ…。

…と、変なところで迷う。

 

 

ともあれ、読了です。

次は、平野敬一郎の『日蝕』、いきます。

僕よりちょっと年上の平野先生は、

大学在学中に、芥川賞をおとりになった方。

その芥川賞に輝いた時の作品です。

同じくらいの年齢の人なのに、片やそういう偉業を…

片や田舎のただの学生…。

そういう情けない劣等感から、当時衝動買いして、

20年ほど、本棚に放置してあった一冊です。

 

 

 

2017年5月3日 記

このページの先頭へ