名古屋の医学部予備校・医歯薬&難関大専門塾|St.Mepres

講師コラム

Kが呟いた次の言葉が事の発端だった。

「能勢から京都は遠いな」

彼も同志社を受けることになっていた。

能勢町というのは大阪府最北部にあって

俗に『大阪のチベット』ともいわれる山間地帯である。

Kの家はそこで農家を営んでいた。

彼の家から試験会場のある京都の烏丸今出川に行くには

阪急バス→能勢電鉄→阪急電鉄宝塚線→阪急電鉄京都線→京都市営バス

と乗り継いでざっと2時間半はかかるのである。

「じゃ俺の家に泊まれよ」

「ええのか?」

「ええよ、たぶん」

母に確認すると、あんたの四畳半で枕を並べて寝るならいい

と言ってくれた。

というわけで、彼は試験当日の朝、

阪急バスと能勢電鉄を省略することができたのだった。

それだけではない。

彼は夕食と朝食、そして安眠までわがものにすることができたのだ。

一方、僕は

やがて、松山千春の『長い夜』をカラオケで歌うたびに

思い出すことになる一夜を過ごすこととなった。

遂に一睡もできなかった

あのおぞましい一夜を。

このページの先頭へ