名古屋の医学部予備校・医歯薬&難関大専門塾|St.Mepres

ニュース&コラム

AMU友理恵の女医玉物語2

2015年 7月 27日

こんにちは。

愛知医科大学医学部1年の西澤友理恵です。

1437534125557.jpg
二十歳になりました!

今回は大学生活全般のことについて書きたいと思います。

愛知医科大学に入学して4ヶ月経って、少しづつですがやっと大学生活に慣れてきました。
(この場合の慣れる、というのは、
毎日の生活に何とかしがみついて暮らすことができるようになったという意味です(笑))

大学での生活は高校までの生活や浪人生活とは全く違います。

毎日の授業はもちろんのこと、
部活やバイト、車校や遊び、人間関係
(大学での人間関係は一人暮らしの人が多いこともあってか、高校までよりも濃いように思います。
特に先輩との繋がりは高校時代よりも遥かに濃く、色んなところに遊びに連れて行ってもらったり、
部活や勉強のことを教えてもらったりと、
本当に無くてはならないありがたい存在です)
などなど色んなことが常に生活を取り巻いています。

また、一人暮らしというのも大学ならではで、私が苦労していることの1つです。

今までお手伝い程度にしか家事をしてこなかった私にとっては
毎日ご飯を作ったり(外食やコンビニが多いのは内緒です。笑)
洗濯をしたり掃除をしたりするのは一苦労です。

一人暮らしをし始めた人がよく言うことですが
お母さんのありがたみを本当に感じます。
一人分の家事でもこんなに大変なのに
仕事をしながら家族全員分の家事をしていたお母さんは本当にすごいなぁ…と。
もっとお手伝いしとけば良かったという後悔と、感謝の気持ちで毎日を過ごしています。

色んなことを考えながらあたふたと毎日を過ごしていると
浪人時代に勉強のことで悩んでいる私に
「浪人生なんて勉強だけやってりゃいいんだから良いじゃない、
大学生になったらもっと色んなこと考えなきゃいけないし、
そんなに考えすぎることないよ」と言ってくださった先生がいらっしゃったのを思い出しました。

本当にそのとおりだと思います。

受験期は精神的にも体力的にも本当に大変だと思いますが、
勉強のことだけ考えて勉強だけしていても許されるありがたい期間でした。

今受験生の皆さんがこの記事を読んでも実感わかないだろうけど、
来春皆さんが無事に合格して
大学生になった時に実感してくれることを願っています。

ここまで読むと、
大学生活がただただ大変で忙しい毎日のように思えるかもしれませんが、
それだけを伝えたいわけじゃないんです。

大学生になったら、
色んなところに先輩方に遊びに連れて行ってもらったり
友達と遊んだり、新しい趣味を始めたり、
医学やそれ以外の学問も含めて自分の好きなことを学んだり…
と一気に世界が広がります。

1437534966831.jpg
有名なマウンテンで

遊びにおいても、高校までとは全然違い、
行動範囲も広がって色んなことができます。

やらなきゃいけないことも沢山ありますが、
やりたいと思うことはやろうと思えば何でもできるんです。

色んな可能性を秘めたこれからの6年間が楽しみでなりません。

皆さんにも早く大学生になって色んな世界を見て欲しいと思います。

今のうちから大学生になったらやりたいことを色々考えて
勉強へのモチベーションにするといいと思います。

応援しています。
頑張ってください^^

次の記事 

前の記事 

このページの先頭へ