名古屋の医学部予備校・医歯薬&難関大専門塾|St.Mepres

講師コラム

1423392339886.jpg
数学科石原泉先生

これは、受験前に、ある生徒に話したことです。

センターが終わり、医学部の一次試験が始まりあっという間の1週間でしたね?
この時期は一段と、自分と向き合うことになります。
今一番大事なことは何でしょう?

今までやってきた自分を信じてあげることだと思っています。
今まで、考えて、計画立ててやってきたんです。
神様ではありませんから、完璧!なんてことは、たぶんないでしょう。

20150202100639.jpg

しかし、淡々と繰り返してきたこと・・・
前よりも出来るようになったことが必ずあると思います。
それしかできない!をそれは必ずできる!
と思うことで、元気をだし、自分を勇気づける。
というか開き直るしかないのではないか?と思います。

あとは、絶対に私は運がいい!!と思い込むこと!だと思ってます!!

例えば、石原泉先生に出会えたのは運がいい!とか(笑)
セント・メプレスとのご縁ができたのは、運がいい!とか。

波長が合うという言葉がありますよね?
私はそういうことを大事にしています。

いいときは、いろんなことがトントン拍子に運びます。
なんで?と思うような自分でもわからないけど上手くいっちゃった!みたいな。

しかし、これでよかったのだろうか?と思うことも、ありますよね?

特に、上手くいかなかったと思われるような事柄が起こった時に・・・

例えば・・・
試験が、思うように出来なかった。
対策をしてきたのに、
対策していたような試験ではなかった(傾向が変わったように思われるとき)なんか・・

そんな時に、自分に向かって、なんて言いますか?

やれることはやれるけど、やれないことはやれないわ!・・・(これは私の場合)

だからこそ、

どうか自分が出来ると思われる問題に気づけますように!
そして、集中できますように!
と祈る気持ちで、取り組むしかないと思ってます。

ここまできたのだから、自分ができるだろうことを精一杯出力するしかありません。
これでダメなら、それだけしか身につけてこれなかったんだから、仕方ない!!
という(これも私の場合)やはり開き直りが、
冷静な判断、ひらめきを産むのではないでしょうか?

受験生の皆さんに、暖かい春がやって来ますように!!

20150202100737.jpg

このページの先頭へ