名古屋の医学部予備校・医歯薬&難関大専門塾|St.Mepres

ニュース&コラム

教務のブログ(2017年1月)

2017年 1月 1日

2017年1月17日

受験生の皆さん、大雪の中、センター試験本当にお疲れさまでした。
センター試験を解いた当校の国語講師:安達の評論です。

 

 

 

評論
漢字は、標準。
本文は、簡単。よくある科学論。
問題は、選択肢。どの設問も、ほんと、紛らわしい。
本文と設問の往復が、評論では考えられないくらい多発。
結果、30分かかりました・・・。
受験生に日頃戒めている、「二択で迷っても、思考停止して祈るな!」を、自ら破ってしまった・・・。
それと、問六は両方とも「不適当なもの」を答える問題。これも、去年に引き続きだなぁ。

 

 

小説
2009年追試でも出た、野上弥生子。
こちらは評論と真逆に、本文がガチ(野上弥生子って、こんな文体だっけ・・・)。
問1ちょっと紛らわしすぎると思う。
(ウ)なんて、当たったからいいものの、①と②って正誤分けられるのか?
評論で時間をくったのに重ねて、この問1でムダに逡巡してしまった・・・古漢がピンチ!
他の設問については、ややあからさまなくらい、切りやすく選びやすかった。
問2を除いて。問2、外しました・・・。
選択④が正解・・・言われりゃ確かにそうだ。
「手提げ籠」の文脈がリード文から効いているのに、見落とした・・・。
選んだのは、③。私見では、③は「手提げ籠」に一切触れていない点以外、落ち度がない。だから、スンナリ誘われてしまった。
④は「後に郊外へ出掛ければいい」なんていう、直前を良く見れば分かるところで、切っちゃった・・・。

 

 

古文
去年よりは本文に手応えあり。でも、全然許容範囲内。
でも、問1の「にげなし」、外しました・・・。
こんな単語、知らんて・・・。
「似げなし」だと推測して⑤にすがったが、ひっかけか・・・。
それから、問2でかなりてこずった。
直後の「君」の問いかけに従えば、①だし・・・。
大域的な文脈で見れば、②だし・・・。
迷った末に、直前の「尼でなかったら私は絶対放っておかない!」を根拠に、②の「恋心」をチョイス。あぶねー・・・。
あとは、特筆すべきことナシ。和歌も簡単だった。
問2の時間的ダメージで、制限時間的に漢文がバーニング状態。

 

 

漢文
散々迷って「蓋」を外したぁ! もぉー!!
意味から考えれば、「どうして~しないのか?」なんていう意味、文脈的に入るワケないのは分かったはずなのに・・・。
「ワタクシ思うに」ですよね! そうですよね! 確かにね!
あとは言うことございません。くそー!
ここまでに時間をとられすぎて、漢文10分かけられていないのが、たたったか・・・。
受験生諸君、僕だってギリッギリでした。
・・・というか「蓋」のケアレス考えたら、こりゃ「アウト」だよな・・・。

 

 

というわけで、
評論 50
小説 43
古文 45
漢文 46
計  184
・・・でした。180超えりゃ、まぁ、いい。いいよね・・・?

 

 

全体としては、去年より「やや難化」だと思います。
昨年の平均点は、下るなぁ。しかも、適切に。
120点くらい、いっちゃうと思います。
目に見えて不満な問題は、ありませんでした。

 

2017年1月6日

明けましておめでとうございます。

本年も生徒さんの志望校合格に向けて全力でバックアップしていきすので、宜しくお願い致します。

次の記事 

前の記事 

このページの先頭へ